あちこーこー沖縄  | TOP > カーサムーチー
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2011.01.15 (土)

カーサムーチー

                鬼餅

              

                 今年は1月11日がムーチー鬼餅)の日でした
          毎年旧暦の12月8日に、多くの家庭ではムーチーを作り厄払いを行います

                                             にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ

        a110114m8.jpg
         昨日、幼稚園でムーチー作りがありました

               a110114m6.jpg
    幼稚園より、ムーチーに欠かせないお餅を包むサンニン(月桃)を用意して欲しいとの事
    今だからすぐ用意できるけど、来沖当初、琉球料理を習っていた頃に、先生からその辺
    に自生してるから月桃の葉を採ってきて下さい!と言われて困ったっけ
    月桃の葉なんてどんなのかわからなかったし・・・その辺て言うけど・・・ムリ!なんて当
    時は嘆いてました(笑
    今は楽勝ですが・・・ホントーにその辺に自生してます

        a110114m12.jpg
         息子がお土産に持ってきてくれたムーチーは・・・デロデロやん
         ムーチーってこんなんだったっけ!?

        a110114m11.jpg
         久しく食べてないんだけど、こんなに伸びないよねぇ
         ちゃんとしたのは、こんなに水分はありません(笑
         素手で触ったもんなら大変な事になるのでお箸で食べました
         子ども達が一生懸命作ったムーチーのお味は甘さ控えめで美味しかったです
         見た目を除けばGOOD

               a110114m7.jpg
               ちなみにこの白い花を咲かせているのが月桃
               今は花のシーズンじゃないけどね
           ムーチーの香りって、沖縄を離れたら懐かしく感じるんだろうな

     そしてムーチーの由来ですが、色々な所で紹介されていた中から一つ、コピーさせて
     頂きました

     『昔、首里の金城に兄と妹が住んでいました。
     兄は大里に移り住んでからどうした事か、洞窟にこもり動物や人を捕まえて食う鬼になっ
     てしまいました。
     兄の悪業はいつしか妹の知る事となり、妹は一計を案じて鬼になった兄の所へ行きました。
     妹は鬼を退治するために、普通の餅と中に石の入った餅を用意しました。
     「お兄さん、今日はおいしいムーチーを作ったので一緒に食べましょう。」
     と言って妹は中に石の入ったムーチーを兄に差出し、妹はわざと着物の裾を開いて座り普
     通の餅を食べ始めました。
     兄は石の入ったムーチーを食べようとするのだが、歯がたちません。
     石の入った餅が食べられず困った兄は、平気でムーチーを食べている妹へ視線をやり、妹
     の頭から下へと目で観察をし股を大きく開いた妹の下の方に目を止めて、「お前その下の
     口は何だ」と尋ねました。 
     妹はすかさず平然と「上の口は餅を食べるための口、下の口は鬼を食べるための口」と答
     えると兄はビックリし、逃げようとして足を踏み外し崖下に落ちて死んでしまった。』

     沖縄の民話より


     この日が旧暦の12月8日だったので、鬼退治をしたこの日を厄払いの日として、ムーチー
     を作って食べる様になりました

     初めて由来を知った時は、理解に苦しむ部分もありましたがウケました(笑
     園でもそうですが、子ども達には余計な部分を省いて読み聞かせしているようです          




       ☆ランキング参加中☆
       ポチっとクリックお願い致しますm(__)m
       みぎ FC2Blog Ranking


       みぎ banner2.gif


     

スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。